スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大沢駅前のクリスマスツリーと駅前パチンコ店 

南大沢駅ラフェット多摩よりにクリスマスツリーの点灯式があると多摩ニュータウンタイムズに報じられていました。
11月17日(土)午後5時に、ハンドベルの演奏やクリスマスソングを交えて楽しい点灯式だったそうですが、用事があって参加することはできませんでした。
翌日の日曜日に愛犬Wolffyの散歩がてら、クリスマスツリーを見に行きました。昼間だったので、点灯はしていませんが、ラフェット多摩を中心にクリスマス雰囲気が一杯でした。
(続きで南大沢のクリスマスデコレーションを写真で紹介します。)

ところが、ラフェットと反対にマクドナルド方面に散歩していくと、なにやら呼び込みの声が聞こえたので、見に行くとパチンコ店オープンの呼び込みでした。かねてからうわさのパチンコ店がとうとう11月23日にオープンすることとなりました。

結局、当初計画していたユニカが、うわさでは、新宿地区の開発プロジェクト資金のためにオーヴァルの子会社のSUISHAYAに売却したそうです。今年の5月30日付けで株式会社オーヴァルに所有権が移転されています。恐らくパチンコの開業権があるので、購入に踏み切ったのではないかたと考えられますが、ユニカが当初予定していたスポーツジム・マグレブや千歳屋スーパーは開業しないことになります。

気になるのは、営業時間が夜間12時近くまであるのではないかという点です。ただでさえ夜間車の行き来が多い多摩大通りに、パチンコ目的で来る車両が駅前に増えるのを近隣の住民は望まないでしょう。夜間静かな駅前の住宅地がパチンコの来場者の車両で安眠妨害とならなければよいのですが。

L1010479.jpg
上は駐車場。南大沢の雰囲気にそぐわないデザイン。

L1010481.jpg
パチンコ店は1階と地下にある模様。

20071119164956.jpg
ジアスの求人募集。勤務時間が深夜12時半までとなっている。

続きを読む

東宝シネマでエディット・ピアフの歌に感銘 

東宝シネマは、以前のヴァージンシネマのころから知っていましたが、映画館に入ったのは今年が初めてです。なぜ、大の映画好きにもかかわらず、映画館に足を運ばなかったというと、やはり子供が小さかったため、週末も夫婦で映画も見に行く時間が取れなかったのが大きな要因です。その分、自宅にはシアタールームを作っていたので、ビデオレンタルで週末ほぼ主要な新作は半年遅れで見ていました。

さて、南大沢はにアウトレットに加えて映画館ができたのは、かなり町の印象を良くしたと思います。10年以上前、現在のラフェット多摩の増床工事をしている敷地に、ドライビングシアターができましたが、観客が少なくあえなく撤退。米国でもかなり以前に廃れていた車で映画を見る方法が、狭い日本では効率が悪すぎて採算が合わなかったと思います。

東宝シネマのコンプレックス方式(いくつもの中型スクリーンを使い館内で複数作品を同時上映)は、私が20年前米国行った時、すでに主要な都市郊外には必ずありました。料金は当時6ドルで、割引のときは半額の3ドルでした。当時のレート(確か1ドル250円前後)を考えると安くありませんが、当時の市民感覚だと、日本円の600円ほどで新作を見れた感覚です。10ドルあれば、大ポップコーンとコーラを約1Lほど館内に持ち込んで、ワイワイ映画を見ることができました。

話が長くなりましたが、映画「エディット・ピアフ-愛の讃歌-」を東宝シネマに見に行きました。シネマ会員になって、平日割引を使い見たので、高いという感じはしませんでした。さすが、ピアフを知っている世代は年配の方が多いと見えて、総勢20名弱の観客の中で、若い人は1組のカップルだけでした。しかし、ピアフを知らなくとも映画としては大変よくできて、十分楽しめました。

そこで、ピアフの生涯を映画では語られなかった部分を含めて、「音楽の冗談」BLOGにアップしました。今回は、ピアフの歌を再度聞きたくなりYouTubeでいろいろ探しましたので、BLOG内にもピアフのビデオクリップを挿入してみました。続きで紹介しましたので、興味ある方は、聞いてみてください。

続きを読む

南大沢近辺でペット連れ込み可能な大型店は 

我が家は週末、車で買い物に行くことが多いので、屋内犬を飼い始めて、ペットをつれて店内には入れるかどうかが店選びのポイントとなってきました。

自宅から徒歩で行ける、イトーヨーカー堂南大沢店やラフェット多摩ならば、短い留守番ですみますが、コストコやMr.MAXのような車で出かける大型店は、ペットを連れて入れるかどうかで、買い物時間の配分を考えます。

下記の一覧表のように、南大沢近辺のショッピングモールで、ペット連れ込み可能が多いのは予想外でした。駅周辺は週末になると犬を連れて歩いている人をよく見かけます。その割りには、犬のウンチを見かけないので、マナーは守られているようです。

20071019082314.jpg
実際に連れて行って試した結果といただいたコメントより作成しました。もしかしたら本来はペットNGだけで黙認している場合もあります。

続きを読む

ビリーズ・ブートキャンプをオアシスで体験 

ブートキャンプとは、米軍が新兵の基礎体力育成のために行われるトレーニングのことを指します。外資系企業では、新人研修や短期間の社員教育をブートキャンプと称して行う場合もあります。いずれも短期集中型のトレーニングであるため、参加するほうも教育するほうも結構体力を要します。

ビリーズ・ブートキャンプは、ご存知のように、DVDキットが爆発的に売れている1週間の体力トレーニングで、子供の間までその名称がブームになっているほど名称だけは知られています。しかし、何十万本DVDが売れようと、それを実際に体験した人はまだ少数だと思います。ましてやテレビを見ながら体験するのと、ジムで体験するのには大きな違いがあり、実際その2つを体験した結果を、今回はご紹介します。

続きを読む

東急オアシス南大沢でipod+Nikeを試してみましたが、、 

前回のBLOGで紹介しましたように、約2週間、東急オアシス南大沢でipod+Nikeを試してみました。購入まではネットの気軽さで、3日間で手に入れましたが(ついつい消費しすぎになるので自粛の必要性を感じるこの頃です)、さて使ってみるとこれはスポーツジム向きではないのがすぐわかりました。事前にネットで使用者の体験談を読んでいましたが、通常の陸上ランニングでは、誤差が5%以内とランニングのデータが極めて正確に測れるとのことでした。しかし、これがジム内のランニングマシンではまったく、数字が当てにならない結果となりました。

実際、6kmほどマシン上でランニングしたところ、ipod+Nikeでは、3.6kmと表示され、走った時間以外の一致は見られませんでした。加えて消費されたカロリー表示も同様な比率で異なっていました。つまり、陸上の1歩とマシン上の1歩のカウントが異なるようです。

走るのは、まだセンサーがカウントするので、少しは走った距離が出ますが、エアロバイクやマシンは、足を動かすのが少ないため、センサーでは、移動の距離のみカウントし、消費カロリーも7カロリーと実情を反映するのは不可能でした。

結果として、スポーツジムでは、音楽を聴く目的以外にipodを利用するのはあまり意味がないという結論と相成りました。

続きを読む

東急オアシスでNike+iPodを使いメタボリ対策 

以前BLOGでちらっと書きましたが、今年6月より東急オアシスに入会し、早速トレーニング中毒になりかかっています。南大沢では長く待望されたスポーツジムです。多摩センター、堀の内、橋本と近隣には民間ジムがありましたが、南大沢で本格的な施設は東急オアシスが初めてです。オープン3ヶ月しかたっていませんが、結構入会者が多いようで、いつもジムは人でいっぱいです。どうも2つのスタジオで開催されるクラスにより、日ごとの参加者数が違うような気がします。スタジオの外から見て、人気のクラスはフラダンス、ヨガ、ベーシックエアロなど、動きがあまり激しくないコースですが、いずれも夜間の8時以降しか利用したことがないので、昼のクラスの状況はわかりません。格闘系のクラスやベリーダンスなどの面白いコースもありますので、このあたりの人気度はどうなんでしょうか?

20070702131018.jpg
スケジュール表 

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。