スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン家具のIKEAはアイデアの宝庫 

一部のベルコリーヌは現在建て替え中です。10年に及ぶ瑕疵問題に悩まされた挙句、7年近い仮住まいを経て、やっと平成20年春に我が家に戻れるのです。家族構成も多少変わり、子供も成長したので、仮住まい前の状態と比較して、ある程度家具や水回り検討しなければなりません。そこで、前から気になっていたスウェーデン家具のIKEA船橋に行ってきました。南大沢からだとIKEAのある南船橋までどのように行くかが悩むところですが、行きは京王線から九段下で乗り換えて、東西線の西船橋で武蔵野線に乗り換えて南船橋に行く方法を使い、帰りは素直に新木場経由、市ヶ谷乗換えで新宿から南大沢に変える方法を使いましたが、時間はともにちょうど2時間ほどでした。

南船橋駅前に見えるIKEAは、見た目の概観より、店内が奥行きがあり、動線に従ってショールームを見て回るのにたっぷり2時間かかりました(約4万平米)。
日本の大型家具店を比較して、単に家具を美しく見せる展示法とは違い、それぞれの家具デザイナーが考えた部屋やキッチンを家具や備品ごとモデルルームのように展示して、この部屋を作るといくらと値段を提示する紹介はとてもわかりやすく、部屋のコーディネートがし易いと思いました。
従来の売り方をしていると国内の家具店は、そのうち淘汰されるのではないかと思えるほど、買い手の視点で店作りをしている手法には感心しました(一部の大手家具店の経営層はIKEAは成功しないというコメントを出していましたが、消費者の視点から見ると成功しないのは、現在のままの売り方を続けるほうではないかと思います)。
IMGA0185.jpg

入り口に入ると、まず驚くのが、子供を預かってくれる大きなキッズルーム(写真右手)があることです。結構大きく、ナース(世話係)もいるので、ゆっくり夫婦で店内を見てくださいという趣向のようです。店内を見終わった出口近辺で子供を引き取るようになっており、なかなか合理的なサービスです。
IMGA0343.jpg

1階は、調度品、インテリア製品などの小物中心で、2階が家具のショールームとなっており、入り口で2階に最初に上がるように誘導されます。
IMGA0344.jpg

今回の目的はキッチン回りのレイアウトを見る点と、食器等の小物類の下調べでした。2階に上がって最初のほうは、モダン調、カントリー調、ポップ調、重厚調など、デザインのテイスト別にトータル・コーディネートされた、居間、寝室、ダイニングが家具のそれぞれのショールームとなっており、この部屋の家具すべてでXXX円と提案されていました。値段も決して高くなく、少なくとも国内価格の半額くらいの感覚です。
IMGA0279.jpg

家内が感心していたのは、家具の配置やデザインばかりではなく、ちょっとしたアイデアがそれぞれの部屋のレイアウト内に発見したことでした。写真下のキッチン(シンク)とテーブルの機能をもったキッチンテーブル?は、まだ日本では見慣れないものです。
IMGA0289.jpg

キッチン内にある食器棚も専用メーカーの製品をカタログで選ぶと、低下が50万以上したりしますが、IKEAでは、値引きがないものの、最初から価格が10万前後で、納得できる値段設定をしています。
IMGA0265.jpg

IMGA0267.jpg

サブで欲しくなるような洗面台、ルーフバルコニーに取り付けたいと思うような製品ですが、値段は以外に安く5万以下でした。また、作りも張りぼての板ではなく、無垢材が基本のようで、安っぽさはありません。
IMGA0320.jpg

1階に降りると最初に通り抜けるのがこの巨大な倉庫です。持ち帰りが可能な人は、ここで購入する家具を家まで運んで組み立てるのがIKEA流の買い方です。ただし、日本では、配達や組み立ても有償でやってくれます。その分価格に上乗せされるので、値段を選ぶか手間を選ぶかは本人次第です。
IMGA0337.jpg

倉庫を抜けるとスーパーマーケットのような、小物売り場に到着です。食器、寝具、カーテン、絨毯、ライト、絵画フレームなど、ありとあらゆるインテリア小物を売っています。お洒落な洗濯ばさみセットも120円と、値段も魅力的です。
IMGA0327.jpg

レジを終えたところで小腹がすいたと思ったら、目の前にはカフェ(2階にはレストランがあります)がありました。ホットドックとコーヒーのセットが200円、トッピングが入ったホットドックセットが300円とマクドナルド並みの値段です。お勧めはトッピング入りのホットドックセットで、コーヒーはバニラコーヒーが断然美味しくいただけます。
IMGA0341.jpg


南大沢から半日かかるコースですが、今年の9月には港北ニュータウン(港北インターチェンジそば)にもできるようです。そうすれば車で1時間で行ける距離となります。また、多摩境ショッピング大通りに出来ても成功すると思います。

最後に、IKEAのサイト内に部屋のレイアウトを作成するフリーソフトが提供されています。このソフトは、部屋のレイアウト作成が部品(ドア、シンク、窓等)をドラッグすることで簡単に作成でき、しかもできたレイアウトを3Dで確認できます。残念ながら、選べるIKEAの部品がキッチン製品しかないので、今のところキッチンのレイアウトが中心です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bellecolline.blog8.fc2.com/tb.php/93-d5696a7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。