スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田新市長の廃プラ施設に対する方向性は? 

前々回のBLOG石阪氏が当選した意義で紹介したように、市長選が南大沢の住民にとって小山ヶ丘の廃プラ施設建設に関わることもあり、選挙運動に協力した南大沢住民がいたほど関心が高いものでした。しかし、選挙後の石坂氏のゴミ問題に対する考えが市民側にうまく伝わって来ず、廃プラの市民の会でも疑問の声があがっていました。
石坂氏は選挙前の公開質問や個人のサイトで以下のように廃プラ施設に関して表明しています。

問 小山ヶ丘の廃プラ中間処理施設建設の白紙撤回をお考えと思われますが、その解決策をお示しください。その場合、他地域への同様施設建設の可能性についてはどうお考えですか。同施設建設の白紙撤回を明言しない方は、その理由をお聞かせください。

回答 現計画そのものを中止し、市内の他地域でも建設をしない。集中的に一か所での施設を計画することを止め、より適切な中間処理方法を、市民・専門家・行政でつくる公開の検討委員会により検討します。(以上参考:町田市 廃プラ対策協議会


また、選挙運動を直接演説で聞いた市民の会のメンバーによると、石坂氏の廃プラ施設に対するコメントは
 1. 計画は白紙撤回する
 2. 小山ヶ丘の建設予定の土地は市で買い戻す
 3. その土地には廃プラ施設は作らない
 4. 当選したら、廃プラ施設建設計画は白紙撤回する

でした。しかしながら、選挙終了後の記者会見では、廃プラ問題に関するコメントが「市、専門家、市民の代表で1年かけて検討するとの表明でした。」と微妙に違っており、トーンダウンしているように聞こえます。そこで改めて、石坂氏の廃プラ施設計画に関する選挙前のコメントを拾い、選挙後の表明や会見から選挙前後に違いがあるか調べてみました。
factory.jpg
建設計画の施設イメージ図

石坂氏のゴミ問題関係の選挙公約であげているのは

「ごみの10分別収集により、清掃工場を7ヶ所から5ヶ所にし、工場改修費を1,100億円節減。30億円/年の運営費も削減」とあり、横浜市のパシフィコ横浜(展示会施設)民営化おける黒字化の実績を踏まえての公約と思えます。ここでは環境問題よりむしろ市の財政に焦点を当てています。

ご自身のホームページでは(現在、企画中で閉鎖)ごみ減量の方法について下記のように記しています。

「本来は日本の国民.企業全体が取り組むべきことですが、実際の町田市の取り組みは生ごみの堆肥化、紙類、ビン、缶、ペットボトル、プラスチック等の徹底した分別と資源化を実行することが解決策です。」

また、市民の関心が高い廃プラ施設に対しては
「廃プラスチックの中間処理施設は、今回の計画のような集中処理方式はとりやめる方向で検討します。市民、行政、専門家を交えた検討委員会を公開で開催して、方針を決めていきます。」
とあり、選挙中に訴えていた“白紙撤回”という言葉が見当たりません。

20060305235958.jpg

3月18日に行われた「市民の会」の会合でもこの点が話題になったようです(出席していないためメンバーのメールを参考にしています)。
政治の世界では、時と状況により施政が変わり、選挙時の公約が守られず、応援した市民を裏切るのはこれまでも少なくありません。しかし廃プラ問題だけは、裏切らないでほしいと言う気持ちは市民の会のメンバー間でとても強いものあります。

18日の会合後に、直接石坂氏に廃プラ問題の件を確認した「市民の会」のメンバーより面談の報告が配信され、以下のような石坂氏のコメントを得ています(配信されたメールより要点だけまとめました)。

● 廃プラ中間処理施設建設自体の白紙撤回までも検討の対象するような誤解を市民に与えていることを知り、石阪氏自身驚いていた。
● マスコミに掲載されたインタビュー記事では、新聞によっては必ずしも石阪氏の考えの全体が記載されていない。
● 廃プラ中間処理施設建設自体の「白紙撤回」は大前提である。
● その前提の上で、廃プラ処理問題の解決策を市民と行政、専門家で十分検討する。
● 建設予定用地(町田市小山ヶ丘)は、そこが将来的にも望ましくない使われ方がされないために、市が買い取ることも含めて有効な対応を具体化する。


この石坂氏のコメントが本意ならば、町田市小山ヶ丘の廃プラ中間処理施設建設計画は白紙撤回と言って過言ではないでしょう。そうであれば、石坂氏が市長としての施政方針で「白紙撤回」という四文字が記載されることがそのコメントの証明となるでしょう。
「市民の会」メンバーのみならず、われわれ住民も施政方針を確認し、今後の新市長による廃プラ施設に対する方向性をウォッチしていくべきかと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bellecolline.blog8.fc2.com/tb.php/82-107eb447

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。