スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルコリーヌ南大沢の改築物件が売りに出された反響は? 

長年瑕疵問題で揺れていたベルコリーヌ南大沢団地の中で、いち早く改築工事が終了した一部の棟が、先々週の土曜日、3月17日より売りに出されました。

P1030093.jpg
駅前パオレビル不動産屋に貼りだされたちらし

先週の21日、結局入会したスポーツジム、オアシスの見学会の帰り道、モデルルームを見せてもらいました。今回の物件は、駅から比較的近く、宮上中学校の裏手に当たる場所です。案内をしてくれた担当者の話ですと、すでに販売した物件の3分の1近くが、わずか数日の間で検討されているということで、恐らく販売前より購入を考えてた人が多かったと考えられます。
価格付けも最初の販売時よりも価格を下げているということで、部屋の広さを考えると、近辺の民間マンションより割安感がありました。

P1030105.jpg
現地販売受付 ひっきりなしに見学に来ていました

実際に見せてもらった室内は、自分の家(ベルコリーヌ)を知っているため、それほどの驚きはありませんでしたが、やはり普通のマンションと比較して天井が高いのが心地よい感じです。見た物件はメゾネットタイプの2階建てのため、リビングルームが一軒家のように吹き抜けがあります。玄関もレンガ屋根が見えて、ヨーロッパ風です(モデルはイタリアの古都アッシジ)。広さは優に120平米を超えていますから、南大沢の民間マンションと比較すると最大級の広さです。参考までに、ベルコリーヌの最大級の広さは160平米以上あります。

P1030122.jpg
玄関はヨーロッパの家並みのよう

一方、キッチン、トイレ、玄関仕様、建具、窓枠等を見ると、予想はできましたが、やはり現時点では野暮ったい。なぜならば、今回の改築は、従前をできるだけ忠実に復元したため、15年前の設計仕様に従っているためです。建築基準法の改正により、より安全性が高くはなっているとはいえ、使う部材の質・デザインは、やはり昔の公団仕様、つまり平均的な団地仕様です。

P1030108.jpg
キッチンを2階から見た写真 この物件はキッチンをグレードアップしていました

最近見に行った民間マンションは、コスト面で土地面積に制限があるため、建物を高層化して戸数を確保し、部屋の内装を充実化させ、魅力的に見せています。外観の見た目はベルコリーヌのような独特なデザインではないにせよ、むしろバスユニット、キッチンユニット、トイレなど水周りを充実させて、主婦の購買欲を高めています。
一方、ベルコリーヌは、外観や独特な家のレイアウト(しかも棟別に何通りもある)にお金をかけすぎたのか(実際は旧公団の仕様に準じただけだと思いますが)、内装はどの部屋も画一的で、デザイン的な目新しさはありません。

P1030111.jpg
バスユニット たぶんTOTO製


それでもベルコリーヌを購入したいという人が多いのは、やはり周りの環境に拠るところが大きいと思います。この住環境はベルコリーヌに限ったことでありませんが、南側の南大沢4丁目にせよ、このあたりは春には花が咲いて本当にきれいです。通勤で桜並木の遊歩道を通ってゆくのは、とても贅沢な環境です。

P1030103.jpg
販売中のベルコリーヌの外観 120平米超えるメゾネットタイプで5200万強 問い合わせが多いのは4000万台とのこと

我が団地は現在改築工事中で、2009年春ごろに販売が開始されるのではないかと思います。販売個数も120戸近いので(今回の分譲は23戸)、結構話題になりそうです。既に現在販売している不動産屋さんに問い合わせが来ていると聞きました。

追記:現在改築中の建築現場を見ましたが、かつてコンクリートのジャンカ問題に揺れたベルコリーヌの建物が、今回の改築においては専門家が太鼓判を押すほど質のよりコンクリートの造りとなっています。
今度戻るときは、もう雨漏りで悩まないですむことを切に願う次第です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bellecolline.blog8.fc2.com/tb.php/119-b37910fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。