スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩市と川崎市の境界線に位置するエコプラザ多摩に廃プラ施設が 

多摩市と川崎市の境界線にあるエコプラザ多摩(多摩市諏訪多摩市諏訪6丁目)に、記憶も新しい一昨年10月に町田市小山ケ丘の突然の建設計画で問題になった「廃プラスチック中間処理施設」の建設計画が進んでいます。本年3月末頃着工、11月末に完成予定という間近な話です。


eko_tamaMap.jpg
エコプラザ多摩施設紹介

先ごろ川崎市の主婦の方から、町田市の廃プラ運動に関する問い合わせがあり、その緊急支援要請に対して、当時のメンバー諸氏が惜しみなく当時の運動の情報を提供をしております。それら読み聞きした内容やWEBから収集した情報を整理しながら、現在の進捗状況を紹介します。

まずは、この施設の建設計画に関する多摩市民への説明会が2月24日(土)午後3時からエコプラザ多摩において、そして隣接する川崎氏麻生区はるひ野住民への説明会が翌25日(日)午後3時、黒川公会堂にて開催されます。

それまでの経過を聞く限り、当初多摩市は、町田市が最近接の八王子市の四季の丘住民へ情報開示をしなかったのと同様に、近接するはるひ野の住民への情報開示を施設から半径500Mの範囲内にしか知らせないとの理由で行わなかったようです(注:未確認情報です)。こういう方法は却って不安を煽るだけで、騒ぎが大きくなる原因になりかねませんが、多摩市が同じ過ちを犯したのでしょうか?

20070209211150.jpg
Google earthよりエコプラザ多摩近辺

この施設建設計画を討議している掲示板より、これまでの経過は下記のとおりわかります。

2006年7月22日 諏訪中体育館にて
「エコプラザ多摩の施設改修」説明会
・参加者32名

2006年9月8日
 平成18年第3回定例会(第6日)にて質疑応答後、補正予算可決

2006年9月16日 黒川公会堂(汁守神社境内)にて
「エコプラザ多摩の施設改修」説明会
・参加者2名

他方、多摩市は町田市の事例をよく勉強されたようで、建設計画は住民との対話を軸に進めていったとも言われています。かいつまんでその過程を紹介しますと、廃プラ処理については、最初の市の提案では、エコプラザ多摩にいったん集めた上で、どこか別の民間処理施設に運んで圧縮するという計画でした。エコプラザで廃プラ圧縮するのは住民の同意が得られないと考えたのでしょうか、住民の考えを確認しています(全住民ではなく、代表住民だと思われます)。しかし、市民側からエコプラザに運ぶならそこで圧縮すればよいのではという意見が出て、それならば試験的に機械導入を決めた節があります(注:岩永ひさか多摩市議会議員の広報紙で一部経過が紹介されています)。私も以前多摩市住民だったので、多摩市の行政は住民に目を向けていると思っていましたし、概して評判はよかった記憶があります。
また、多摩市はごみ減量に積極的な市で、WEBでも情報公開は進んでいます。例えば多摩市のWEBサイトで公開されている情報には下記のようなごみ減量計画が紹介されています。http://www.city.tama.tokyo.jp/machi/keikaku/gomigen/gomigen_plan.pdf

しかしながら、「廃プラスチック」を市のサイトのトップページから検索しても4 件の文書しか見つからず、市民の廃プラ処理問題への関心と市の情報開示に乖離があることが感じられます。

次にこの廃プラ施設問題が市民運動に発展した場合、町田市廃プラの経験からノウハウが蓄積されていると見えて、さまざまなアドバイスが町田市の市民運動のメンバーから提示されています。一例を紹介しますと、

運動事務局の立ち上げ:運動の要になる市民運動の会を早急に立ち上げるのは、やはり率先するリーダーがあってこそ始まりました。適任者が出てきたら、署名活動や広報活動(WEB等)が早急にスタートできます。

市議会議員への陳情:市役所の議員秘書課に問い合わせると、どの日に議員が多く集まっているか教えてくれので、調べた上で陳情する。

マスコミ対策:市の説明会を取材するよう依頼する。町田市廃プラ施設の説明会では、新聞は東京新聞、朝日新聞、赤旗が積極的で、テレビは、NHK、TBS、テレビ朝日が積極的でした。

法的処置:最悪の場合は工事差し止めの仮処分申請が必要になる可能性があるので、事前に弁護士に相談する。


町田市の廃プラ施設反対運動は、子供たちの将来に悔恨を残さないという住民の想いが強く、安全とわからない施設に対する拒否反応はとても強いものでした。町田市が近接の八王子住民を含めてもっと情報開示を行い、共同で計画を立案していればあれほどの大運動にはならなかったと思います。現在は、市民と行政がごみ問題を話し合いながら進めているようで、町田市の「ごみゼロ市民会議」において代替案を検討中と聞きました。市民運動は結果として、解決の方向に向けて行政、市民双方努力するわけで、単なる反対運動では終わらないと思います。

この施設に関する市民の情報は下記のサイトで閲覧できます。

エコプラザ多摩の廃フプラ施設議論スレッドhttp://kanto.machi.to/bbs/read.pl?BBS=tama&KEY=1169631516&LAST=50
岩永ひさか多摩市議会議員のHP掲示板http://www.iwanaga-hisaka.net/opinion/index.html

私も急ぎ資料を掻き集めましたので、間違い、誤解等あるかもしれませんが、訂正が必要な内容に関しては、コメントよりお知らせください。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。