スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google earthで南大沢を俯瞰する 

昨年の廃プラ問題のときに本BLOGでGoogle earthソフトより地球の衛星写真を利用して廃プラ施設建設予定地の近辺を紹介しました。そのときは英語版のソフトの紹介で、多摩境までヒットするのに多少苦労しました。(実際、東京から画面をスクロールして、八王子→橋本→南大沢と線路伝いに探しました。)

しばらくこのソフトを利用していないうちに、Google earthはいつのまにか日本語版が出来ていました。今回も無償で非商業使用を許可されていますので、なんと太っ腹なことかと感心します。

日本語版になって特に便利になった点は、南大沢で一発地球全体からこの街の駅周辺までズームアップしてくれる点です。これは見ているだけで楽しくなります。
*ダウンロード先はこちらになります。

20061110124418.jpg
最初の起動時の画面

では、実際に南大沢を探してみましょう。

最初に左画面の上に単純に南大沢と入力します。

20061110125147.jpg
左画面上の赤字あたりに入力(写真クリックで大画面になります)

入力した場所の右側のルーペボタン(検索ボタン)を押すと、地球が回転して徐々に日本列島が見えてきて、さらに東京上空から東京全体にクロースアップしていきます。この間ほんの7?8秒間でなかなか圧巻です。

20061110125359.jpg
東京全域にクロースアップ


南大沢駅を中心とした衛星写真で静止しますので、あとはマウスのスクロールボタンを上下にまわして、衛星写真のズーム比率を変えるだけです。
20061108130401.jpg
南大沢全域


ズーミングしていくと南大沢駅周辺が識別できるまでになります。
20061108130617.jpg
南大沢駅周辺

さらにズーミングしてマウスを動かすと、地図の写真の位置が、マウスに合わせて移動します。ベルコリーヌに移動した写真が下記となります。

20061108130419.jpg
ベルコリーヌ南大沢周辺

残念ながら、衛星写真は現時点のものではなく、恐らく2年くらい前の衛星撮影を利用しているようです。
なぜならば、ベルコリーヌのマンション群はまだ衛星写真には残っていますが、2006年11月現在は下記の写真のように、改築中で既に取り壊された建物が点在しています。

P1020110.jpg
工事中のベルコリーヌ

今回の紹介は地元探索ですが、自分の田舎やこれから計画する海外旅行先を調べるとなかなか面白いですよ。ちなみに下の写真はどの街かわかるでしょうか?

assisi.jpg


世界遺産でもあるイタリアの古都アッシジです。この街は、ベルコリーヌの建設時モデルとなった町で、ベルコリーヌの色彩計画がアッシジの美しい風景をベースに立案されました。

スポンサーサイト

コメント

今晩は

私もこのソフトを利用しています。すごい時代になりました。パソコンで生活が一変しました。

所で先日工事現場近辺を散歩しました。大工事ですね。完成は1年先のようですね。

早く元通り担ってほしいですね、近辺を散策するだけでも楽しいだろうと思います。家内は近くを通る旅、あんな家に住んでみたいと言っていますよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bellecolline.blog8.fc2.com/tb.php/103-0558309d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。