スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「都市機構が八王子の分譲マンションで耐力不足を認める」の報道を考える 

ベルコリーヌ団地の低中層棟における構造計算書の報道です。すでに何度も報道されていますが、今回は都市機構が耐力不足を認めています。恐らく上(国交省)からの圧力によりしぶしぶ認めたのではないかと推測されます。いまだ住民より自分たちの面子を重要視する機構の対応は、この建物以外のほとんどのベルコリーヌ団地の問題解決が遅々と進まない原因となっていると思います。
最近報道されている情報は、当団地の問題の一部でしかありません。他にも報道されない問題がたくさんあります。
私の住む地域でも、公団仕様を信じて購入した住民の本来のあるべき生活がいつ戻るのか見えてきません。

20061019231335.jpg
平成元年竣工当時の団地全体

以下、日経アーキテクチャの記事を引用させていただきました。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20061013/132382/

都市機構が八王子の分譲マンションで耐力不足を認める 2006/10/13

 都市再生機構は、1989年に東京都八王子市で分譲したマンションについて日本建築構造技術者協会(JSCA)に依頼した構造レビューの結果、必要保有水平耐力に対する保有水平耐力の割合が71%か81%になるとの報告を受けたことを発表した。併せて、これまで住民に対して基礎以外に構造上の問題はないと説明していたことが誤りであったことを認め、謝罪した。

問題のマンションについては、都市機構が当初の構造計算書を紛失していたことから、2004年3月に再計算書を作成した。だが、再計算書に誤りがあることを住民側が指摘。都市機構は、再々計算書を作成して、基礎部分に設計瑕疵があったことを認めた。さらに、住民側が再々計算書にも誤りがあることを指摘したが、都市機構は基礎以外に構造上の問題はないと説明していた。ところが今回、JSCAの構造レビューの結果、再々計算書にも誤りがあり、耐震強度が不足していることが明らかになった。

 再々計算書に誤りが生じた原因として、都市機構は以下の点を挙げている。
(1)袖壁付き柱の断面形状を誤って評価し、片側の袖壁のみを考慮すべきところ、両側の袖壁を考慮した
(2)大梁の長期応力の算定について、節点位置か剛域端位置で計算すべきところを、部材端部位置で計算していた
(3)基礎の計算において、布基礎をベタ基礎としていた
(4)大梁の計算において、T形梁のせん断耐力式の計算を誤った
(5)梁主筋位置の入力を誤った

 JSCAは構造レビューで、せん断破壊判定係数を1.2、1.1、1.0と設定した3種類の結果を示した。計算の結果、必要保有水平耐力に対する保有水平耐力の割合は、それぞれ71%、83%、102%だった。一般的な構造計算で用いる係数は、1.2か1.1で、1.0は建築基準法ぎりぎりのレベルと考えられる。JSCAが推奨する係数は1.2である。

 都市機構は、設計の瑕疵に加えて施工瑕疵もあるとの認識を示し、必要な調査を行うなどの対応を管理組合と協議して進めたいとしている。

桑原 豊

20061019232847.jpg
2年前と大幅に異なる風景の住宅団地

追加記事 これまでの過程がわかりやすく書かれています。

構造計算書紛失の旧公団分譲、URが再計算でも誤り

都市再生機構(UR)は、構造計算書を紛失した分譲住宅(旧住宅・都市整備公団が分譲したもの)2棟について、管理組合に対し2度にわたり提出した構造計算の再計算で構造上問題がないとしていた判断に、「不適切なものおよび誤りがあった」と発表した。

10月10日、(社)日本建築構造技術者協会(JSCA)がURに提出した構造計算書で明らかになったもの。提出された構造計算書には、分譲住宅のうち1棟については、機構の通常の設計を前提とした場合、耐震強度が71%または83%となる部分があることが示されていた。

問題のマンションは、1989?1990年に旧住宅・都市整備公団が分譲した東京都内の3棟からなる団地のマンション。2000年以降施工上の瑕疵の存在が明らかになったことから、この団地の管理組合と対応を協議してきたが、対策について基本的な合意に至っていない。

この団地については、3棟のうち2棟の構造計算書が紛失されていたことから、URが構造図等などを基に構造計算書を再作成し、2003年3月に管理組合に提出した。

ところが、再計算書について管理組合から疑問点が指摘されたため、URは再度検証を行い、再計算書の部分的な修正を行った上、同年12月に管理組合に再々計算書を提出した。

しかし、2004年6月に管理組合はさらに再々計算書に対して疑問点を指摘。これに対し、URは管理組合に対して説明を実施しなかった。

その後、2006年6月に、管理組合がJSCAに、再々計算書の検証を依頼した結果として、今回、構造安全上の問題が明らかになった。

URは、「居住者の皆様に瑕疵物件を販売した上、二度にわたり提出した再計算で結果的に不適切な見解をお伝えしていたことにつきまして、誠に申し訳ないことと考えております。また、本件により機構の住宅に対する信頼を裏切ることとなり、誠に遺憾なことと考えております」との見解を公表した。

URでは、このマンションで設計の瑕疵に加えて施工瑕疵も存在していることから、居住者の理解を得て、分譲住宅の施工不良について必要な調査を行いたいとしている。


【関連記事】
八王子市のマンション住民が国交省に嘆願書 都市機構問題
売り主などに瑕疵担保のための「資力確保」義務、国交省の審議会
「なぜ被害者が瑕疵を立証しなければならないのか?」
耐震強度は基準の58%――都市機構の分譲マンションで発覚

20061019231800.jpg
改築工事中の建物

スポンサーサイト

コメント

昨日の散歩

昨日はベルコリーにの横を抜けて木蓮の並木道を通り、南大沢駅前に出ました。本日のブログで写真を投稿したら、いいところにお住まいですねと言われました。

私はベルコリーぬ野住人ではありませんが。最近又クレーンの数が増えてきましたね。三井不動産分譲のマンションを見る谷に複雑な思いがします。

多摩さま

こんばんは

ベルコリーヌのクレーンは基礎杭の工事のためだと思われます。もともとあのあたりは斜面であり、杭工事が難航したところです。また森林のころは沼が団地内にあったと聞いています。
ベルコリーヌはもともと難しい工事だったようです。

駅前の工事ラッシュに関しては、私も気になっておりましたので久しぶりに駅前の写真を公開しました。

クレーンの数が?

管理人さん

今晩は。わがマンションからベルコリーヌがよく見えます。最近クレーンの数が増えた感じが?

駅前は今日平日にもかかわらず人手が多くなった感じがします。駅前建設ラッシュうに伴い、にぎやかになるのでしょうが、治安も悪くなるのではと心配しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/10/31 18:44投稿の方

コメントありがとうございます。
メールアドレス記入の上再度投稿していただければ、こちらからご連絡いたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Good morning

今日のブログで三徳での散歩道を写真を添えて書きました。皆さんからすばらしい環境ですねとお褒めの言葉を頂いています。

一刻も早く元どおりになって綺麗な街になってくれることを祈っています。

本当はベルコリーぬの事を自慢したいのですが、例の件もあり控えています。

お恥ずかしい限りですが

私は定年後の雑感を”南大沢通信”としてブログを書いていましたが、最近”多摩の麓にて”という題に変えました。取り留めないことを書いてます。南大沢や自分の好きな事を思いつくままに書いています。

どうぞよろしくお願いします。ブログのURLは次の通りです。ベルコリーぬの事は書いていません。

 http://blog.goo.ne.jp/goo1944_2004/

南大沢周辺

こんばんは

もしよろしければ南大沢通信BLOGのURLを教えてください。トラックバックさせていただきたいと思います。

宜しくお願いいたします。

今晩は

実は今日も家内と三徳に行って来ました。工事中のフェンス、ガードマン、この地域にそぐいませんね。せっかくの綺麗な建築物が台無しですね。

私はブログで近辺の投稿しています。それを見てブログ友人は”本当に環境のいいところに住まわれて羨ましい”と言われます。ここに住んでよかったと思っています。

ご苦労も多いいは思いますが、頑張ってくださいとしか言えません。ベルコリーヌは南大沢の華ですから、何とかしてほしいですね。

アイスクリームをねじったような高層ビルはインドネシアのジャカルタで見かけました。モダンだなーとは思ってましたが。

最近残念なのは駅前が汚いですね。ヨーカドーの自転車放置もしかり。ハトも糞をしっぱなし。日本人全体の公共心の低下が心配ですね。でも仕方ないですね。

今後とも私はブログで南大沢のすばらしさを伝えて生きたいと思っています。よろしくお願いします。

以前は南大沢通信と題してましたが、最近は多摩の麓にてと題してブログを書いています。

南大沢周辺

私は住んで15年近くなりますが、当時で現在は自然の残り具合がたいそう違います。やはりラフェット多摩ができてから激変しました。加えてベルコリーヌの瑕疵問題が表面化して、この地区は工事だらけです。それでも南大沢は住みやすいので愛着があります。
今回の瑕疵問題は明らかに人災ですが、住む私たちが改善するように努力するしかないと思います。
また、貴兄ようのように住民の意識が高いの点が救いだと思います。

南大沢周辺

お邪魔します。私は3年前に南大沢に引っ越しました。自然が野頃環境が気に入ったのですが、最近の駅前周辺の変貌に危惧しています。にぎやかに成るのはいいが治安がどうか。

先週”マンション崩壊”という本を読んで驚愕しました。というのも毎土曜日土曜日の午後自宅マンションから三徳まで散歩するのが日課です。家内がいsつもベルコリーヌを綺麗で住んでみたいといってうらやましがります。とても素敵で私らも周辺住民として自慢したいのですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bellecolline.blog8.fc2.com/tb.php/100-a279667f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。