スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリーズ・ブートキャンプをオアシスで体験 

ブートキャンプとは、米軍が新兵の基礎体力育成のために行われるトレーニングのことを指します。外資系企業では、新人研修や短期間の社員教育をブートキャンプと称して行う場合もあります。いずれも短期集中型のトレーニングであるため、参加するほうも教育するほうも結構体力を要します。

ビリーズ・ブートキャンプは、ご存知のように、DVDキットが爆発的に売れている1週間の体力トレーニングで、子供の間までその名称がブームになっているほど名称だけは知られています。しかし、何十万本DVDが売れようと、それを実際に体験した人はまだ少数だと思います。ましてやテレビを見ながら体験するのと、ジムで体験するのには大きな違いがあり、実際その2つを体験した結果を、今回はご紹介します。

続きを読む

スポンサーサイト

東急オアシス南大沢でipod+Nikeを試してみましたが、、 

前回のBLOGで紹介しましたように、約2週間、東急オアシス南大沢でipod+Nikeを試してみました。購入まではネットの気軽さで、3日間で手に入れましたが(ついつい消費しすぎになるので自粛の必要性を感じるこの頃です)、さて使ってみるとこれはスポーツジム向きではないのがすぐわかりました。事前にネットで使用者の体験談を読んでいましたが、通常の陸上ランニングでは、誤差が5%以内とランニングのデータが極めて正確に測れるとのことでした。しかし、これがジム内のランニングマシンではまったく、数字が当てにならない結果となりました。

実際、6kmほどマシン上でランニングしたところ、ipod+Nikeでは、3.6kmと表示され、走った時間以外の一致は見られませんでした。加えて消費されたカロリー表示も同様な比率で異なっていました。つまり、陸上の1歩とマシン上の1歩のカウントが異なるようです。

走るのは、まだセンサーがカウントするので、少しは走った距離が出ますが、エアロバイクやマシンは、足を動かすのが少ないため、センサーでは、移動の距離のみカウントし、消費カロリーも7カロリーと実情を反映するのは不可能でした。

結果として、スポーツジムでは、音楽を聴く目的以外にipodを利用するのはあまり意味がないという結論と相成りました。

続きを読む

東急オアシスでNike+iPodを使いメタボリ対策 

以前BLOGでちらっと書きましたが、今年6月より東急オアシスに入会し、早速トレーニング中毒になりかかっています。南大沢では長く待望されたスポーツジムです。多摩センター、堀の内、橋本と近隣には民間ジムがありましたが、南大沢で本格的な施設は東急オアシスが初めてです。オープン3ヶ月しかたっていませんが、結構入会者が多いようで、いつもジムは人でいっぱいです。どうも2つのスタジオで開催されるクラスにより、日ごとの参加者数が違うような気がします。スタジオの外から見て、人気のクラスはフラダンス、ヨガ、ベーシックエアロなど、動きがあまり激しくないコースですが、いずれも夜間の8時以降しか利用したことがないので、昼のクラスの状況はわかりません。格闘系のクラスやベリーダンスなどの面白いコースもありますので、このあたりの人気度はどうなんでしょうか?

20070702131018.jpg
スケジュール表 

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。