スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なぜ被害者が瑕疵を立証しなければならないのか?」記事を読んで 

少し紹介するには遅くなってしまいましたが、2006年7月16日付で当ベルコリーヌ内の他団地に関して、日経アーキテクチャより報道がありました。
その後この記事に関連する報道が続くかと興味を持ってみていましたが、いつものようにスポット的な報道で終わってしまいました。

ベルコリーヌの問題も、姉歯の構造計算偽造の問題も本質的には似ている部分があります。ともに被害者は住民であり、真実がなかなか表に出てきませんでした。
姉歯事件は、単独による犯罪のような取り扱いになって収束しつつある気がしますが、旧公団のマンション瑕疵問題は組織全体が関係した問題にも関わらず、誰1人も責任を取っていませんし、追求されてもいません。しかも問題はまだ継続中です。

マスコミの断片的な報道で、現都市再生機構は戦々恐々のようですが、時間がたてば、都市再生機構はいつもと変わらず役所的な対応です。報道により少しは住民サービスの精神が芽生えてくればと期待しますが(モットーは「CS(お客様満足)」のようです)、独立法人に変わっても中身を変えるのは難しいようです。
20060804174738.jpg
都市再生機構のCS向上宣言

このニュースは、2006/07/16?07/22の週の日経アーキテクチャのアクセスランキングトップとなり、マンション瑕疵問題の世間の関心の高さが奇しくも示されました。
--------------------------------------------------------------------------
先週のアクセスランキング ベスト10(2006/07/16?07/22)
--------------------------------------------------------------------------
1)「なぜ被害者が瑕疵を立証しなければならないのか?」耐震強度不足問題
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060714/130598/
2)「見られて困るものは何もない」透明仮囲いで工事を公開中、現場の環境対策
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060713/130566/
3)“ドライな霧”で六本木ヒルズを冷やす
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060719/130640/
4)施工ミスが原因で工事写真を改ざん,指名停止に
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060711/130459/
5)日本橋・首都高の移設問題で「地下化」が有力に
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060714/130579/


以下記事の本文です。
 

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。