スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン家具のIKEAはアイデアの宝庫 

一部のベルコリーヌは現在建て替え中です。10年に及ぶ瑕疵問題に悩まされた挙句、7年近い仮住まいを経て、やっと平成20年春に我が家に戻れるのです。家族構成も多少変わり、子供も成長したので、仮住まい前の状態と比較して、ある程度家具や水回り検討しなければなりません。そこで、前から気になっていたスウェーデン家具のIKEA船橋に行ってきました。南大沢からだとIKEAのある南船橋までどのように行くかが悩むところですが、行きは京王線から九段下で乗り換えて、東西線の西船橋で武蔵野線に乗り換えて南船橋に行く方法を使い、帰りは素直に新木場経由、市ヶ谷乗換えで新宿から南大沢に変える方法を使いましたが、時間はともにちょうど2時間ほどでした。

南船橋駅前に見えるIKEAは、見た目の概観より、店内が奥行きがあり、動線に従ってショールームを見て回るのにたっぷり2時間かかりました(約4万平米)。
日本の大型家具店を比較して、単に家具を美しく見せる展示法とは違い、それぞれの家具デザイナーが考えた部屋やキッチンを家具や備品ごとモデルルームのように展示して、この部屋を作るといくらと値段を提示する紹介はとてもわかりやすく、部屋のコーディネートがし易いと思いました。
従来の売り方をしていると国内の家具店は、そのうち淘汰されるのではないかと思えるほど、買い手の視点で店作りをしている手法には感心しました(一部の大手家具店の経営層はIKEAは成功しないというコメントを出していましたが、消費者の視点から見ると成功しないのは、現在のままの売り方を続けるほうではないかと思います)。
IMGA0185.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

南大沢駅周辺渋滞模様 

今日はベルコリーヌ南大沢理事会の会合があり(ここのところほぼ毎週です)、車で買い物に行った帰りに駅周辺で渋滞に巻き込まれてしまいました。ラフェット多摩のアウトレットができるまでは渋滞なぞまったくなかった静かな土地でしたが、アウトレット効果で週末は遠方からの買い物客増加で車の量が以前の5?6倍になったような気がします。

下の写真は多摩センター側から来る車の流れですが、まさに駅周辺に近づいたところで渋滞が始まるのがわかります。午前中はこのような渋滞は起きませんが、昼12時ごろを境に週末は車の交通量が一気に増えます。
20060206001353.jpg
南大沢駅前の歩道から撮影

この渋滞は多摩境でも見られ、コストコやカインズホームへ行く買い物客の渋滞状況は以前こちらでレポートしました。

続きを読む

町田市廃プラ施設予定地のまわりを散歩してみました 

いよいよ明日の午後12:30分より、ここでも何度か紹介した「廃プラ運動住民集会」(案内ビラ)が開催されます。今日午後には私は参加できませんでしたが、第4回目の会の会合があり、明日の準備に余念がないと思われます。

今日は、子供を多摩境のアメージングワールドに連れて遊ばせてから、子供たちは小山内裏公園経由で徒歩で帰らせ、多摩境ショッピング大通り経由で、コストコでの買い物のついでに施設予定地の周りを歩いてみました。

shiki_earth.jpg
オートウェーブ横の施設建設予定地

カインズホームの前から見た限りこの施設裏の四季の丘住宅街はわかりませんが、上に見える森林あたりが小山内裏公園の戦車通りで、まさにその裏手が住宅内になります。見た目両方の距離は100mもありません。(参考にGoogle earth衛星写真を見てください。距離感がわかります)

IMGP0048.jpg


予定地には業者(?佐久間)の看板が立てられていますが、一番下には町田市の「住みやすい街づくり条例」が書かれていました。
IMGP0031.jpg


買い物の帰り道、オートウェーブ脇の山道を入って行き、内裏公園の戦車通りを散策してみました。

続きを読む

Google earthで廃プラ施設建設予定地を衛星写真で見る 

廃プラ施設のMAPと写真を入手しようと最近耳にした「Google earth」を試してみました。なかなか優れたソフトなので、ここで紹介します。

日本版Googleではまだサービスを開始していない衛星写真を見る「Google earth」は、英語版ですが、日本語OSのパソコンでも利用できます。
最初にDirectXのモジュールを必要となるので、マイクロソフトのサイトからDirectXをダウンロードして、インストールします。これは数分で終了し、リスタート(再起動)も必要ありません。

次にGoogle earthのダウンロードのページにアクセスして、ソフトをダウンロードします。
20ドルの有償版もありますが、GPSを使わなければ無償版でも十分です。3Dのグラフィクボードがない限り(つまり通常のPCの場合)、2番目の「More specifics about what you need to run Google Earth...」のソフトをインストールします。また古いPCでは動作しない場合がありますので、その場合は1番上のソフトをダウンロードします。

これを画面に現れる指示を実行していけば、ソフトは簡単にインストールされ、「Google earth」が自動的に起動されます。そうすると下記のような地球の衛星写真が現れます。

次に左上に入力ボックスにTokyoと入れて「Enter」キーを押すと地球が回転して東京の皇居あたりをズームアップしていきます。これがなかなか面白い動きで目を奪われます。
早速、南大沢を探してみました。なお、Tokyoなど世界的に知られている地名は入力して、場所を自動的に検索しますが、八王子市のようなローカルな地名はまだ検索対象になっていません。
ただし、緯度、軽度で探索場所を指定できますので、こちらのサイトで緯度、軽度調べると主要な場所は一発で表示されます。

「続き」で廃プラ施設建設予定地など、保存した写真を紹介しています。

google_earth.jpg

続きを読む

朝の南大沢 

通勤時の朝8時ごろの南大沢です。
春満開のころの写真は桜がとても綺麗でした。
朝は駅前は人ごみは多いですが、遊歩道は人もまばらです。

20050428235344.jpg

20050428235445.jpg

20050428235423.jpg

20050428235359.jpg

南大沢の夜景 

仕事の帰り際の撮影した南大沢の夜景と歩道の桜です。



20050428210416.jpg

20050428210506.jpg

20050428210527.jpg

20050428210542.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。