スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市機構、八王子のマンションの構造計算数値をねつ造」報道 

読売新聞が、6月2日の報道に続いて、7月3日の報道で都市再生機構(旧公団)が東京都八王子市で分譲したマンションの耐震強度問題で、構造計算の捏造を指摘するスクープを報じました。今さら驚くに当たらない事実とは言え、当時担当していた旧公団の幹部から、生々しい事実が述べられいた点は驚嘆です。
さて、都市再生機構はどのように弁解するのでしょうか?


設計・再計算の会社前社長 証言
 独立行政法人「都市再生機構」(旧都市基盤整備公団)が東京都八王子市で分譲したマンションの耐震強度が、基準の58%しかないと指摘された問題で、機構側は一貫して不正行為を否定している。だが3度も構造計算書を作り直した同マンションで、当初設計や再計算などを請け負った設計会社の前社長(故人)は読売新聞に対し、「再計算で数値をメーキング(ねつ造)した」と偽装を認める証言をしていた。前社長は機構OBで、マンション群全体の計画を機構幹部として手がけていたが、「短工期が手抜き工事につながった」とも明かした。(飯田達人)

yomiuri060703.jpg
2006年7月3日 読売新聞

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。