スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大沢の花粉飛散度は? 

都内でスギ花粉の飛散開始が確認されたという発表が2月13日にありましたが、なぜか発表では奥多摩のスギの大森林により近い八王子のスギ花粉飛散開始が確認されていません。しかし、南大沢に限って言えば、13日以前より、花粉は鼻と目で感じていました。
今週は既にマスクが必要なまで花粉を感じていますので、花粉が飛散しているのは間違いありません。      

日本人の6人に1人が患っていると言われる「花粉症」も、今年は日本気象協会発表では、昨年の2割前後と予測されています。しかし昨年は例年の数倍以上と言われた“当たり年”であったため、今年は平年をやや下回る程度で、必ずしも“とても”少ないとは言えません。

花粉症は、化学物質過敏症と同様に、体内の限界値を超えると発病します。つまり、昨春の花粉の大量飛散で、今年になって花粉症デビューをしてしまう人がたくさん出てもおかしくありません。

前回の南大沢の「南大沢の冬―どれくらい寒いの?」で、当地の冬の寒さ度を検証しましたが、今回は花粉歴15年を誇る自慢の鼻で、南大沢の花粉度を個人的な判断でチェックしました。

DSC00929.jpg
春の遊歩道 駅からベルコリーヌ方面へ

続きを読む

スポンサーサイト

南大沢の冬―どれくらい寒いの? 

そろそろ春一番が吹く時期となりました。予報では先週末あたりに春一番の可能性がありましたが、寒気が強すぎて、結局空振りでした。

ところで、いただいたコメントのお名前に南大沢に住む予定の方とありましたが、もともと地元向けに発信していたつもりの情報が、これから越してきくる人にも読まれているのはちょっとした驚きでした。
南大沢に住んでいない人には、廃プラ、異臭騒ぎ等の問題提起が多く、南大沢のマイナスイメージを作ってしまったかと少し心配です。しかしながら、廃プラ問題は、施設建設計画が発覚してから町田市、八王子市、相模原市の住民の立ち上がりは素早く、南大沢住民が街の環境保全のために市民運動を展開したのは、地域への深い愛着を示したからだと思います。

そこで、ふと思ったのですが、地元向けに視点を置いていたため、普段の生活に関わる話題はこれまでBLOGでとりあげていません。例えば、

夏暑く、冬は寒いと言われる八王子の盆地気候は、南大沢も同じ?
南大沢近辺の公立学校、病院、レストランの評判やレベルは?

20060212194151.jpg
駅から遊歩道の途中にある三角池は冬には凍ります。

地元でしかわからないネタは、視点を変えれば、これから越してくる人たちにとっては大きな関心ごとではないかと思います。
具体的には、八王子の気候は、友人の横浜市民にはよく冗談ネタにされますし、教育問題は特にこれから越されるお子さんをお持ちの家庭には重要な情報です。病院も同様ですし、レストランも引越ししたばかりだとどこが美味しいか見当がつきません。そこで、今後合間を見ながら、普通では取り上げないBLOGネタを考えてみます。
最初は軽く季節ネタで、私個人の独断で夏の暑さと冬の寒さ度を紹介します。

続きを読む

季節 

ベルコリーヌ南大沢近辺には、都立小山内裏公園の自然や渦巻き公園あたりの滝と林など、洒落た景観のマンションの他に住民の心を和ませてくれる風景がたくさんあります。春になれば、各マンション等には美しい花々の植木が飾られ、駅からの遊歩道は桜並木で住民の通勤・通学時に目を楽しませてくれます。


このページはベルコリーヌ南大沢の季節に関する話題を掲示するページです。


bellecolline2.jpg

DSC02369.jpg

DSC02374.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。